2021年4月6日 | エコキュートに入浴剤を入れて追い焚きしても良いのか?日々の掃除と風呂釜洗浄で解決

 

 

風呂釜洗浄専門 Thumb Always 代表の村田譲でございます。

 

 

 

代表 村田譲

 

 

 

【風呂釜洗浄歴 5年】

● 風呂釜洗浄 施工件数 約1300件

● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件

 

 

 

 

今回は、都内にお住まいでエコキュートを12年お使いのお客様から

 

 

 

『ここ数年で汚れが出始めていて、ジャバを使いながら凌いできたが、最近はどれだけジャバをしても止まらないから一度綺麗に洗浄して欲しい!』

 

 

 

とのことで、風呂釜洗浄のご依頼をいただきまいた。ありがとうございます(⌒▽⌒)






汚れの除去はもちろんのことながら、最初にエコキュートを使っているお宅が、入浴剤を使用して追い焚きなどしても良いのか?ということから見ていきたいと思います。




エコキュートは入浴剤を使って追い焚きしてもいいの?





エコキュート(電気給湯器)だけではなく、ガスの給湯器も含めて、全ての給湯器に共通して言える事だと思うのですが、入浴剤の種類で分けると



  • 色はあるが透明なものは⭕️
  • 濁っているものは❌
  • 最近の機種によっては濁っているものも⭕️






とあるのですが、追い焚き配管(風呂釜)洗浄を専門で施工している僕から言わせてもらうと




入浴剤を使って追い焚きや保温をするということは、人の皮脂だけではなく、確実に入浴剤も一緒に溜まっていくので、そのことを知った上で使っていって欲しい!!!





と思っています。



細かいことを言わせていただきますと、透明なもの(浴槽の下部が見えるもの)に関しては、追い焚き配管に残りづらいです。残りづらいだけで、確実に残ることは確かです。


濁ったものやトロみがあるもの(浴槽の下部が濁って見えなくなってしまうもの)に関しては、かなり追い焚き配管内部に残りやすいです。使用して数年で症状があると思います。(お湯張りや追い焚きで汚れが出るといった)



ですので、次になるべく配管内部に残らない方法をお伝えしていきたいと思います。





入浴剤使用(使用なしでも効果あり)でなるべく風呂釜に汚れを残さない方法!





入浴剤を使ってしまうと、どうしても追い焚き配管に溜まっていってしまうのですが、溜まっていくスピードを軽減することはできます。




簡単にいうとこの2点




①入浴後はすぐに排水

②排水後、なるべく早い段階で追い焚き配管をすすぐ




①の入浴後すぐに排水というのは、簡単ですよね。家族全員がお風呂に入ったら、すぐに浴槽のお湯を排水して下さいね。ということです。



②のすすぐというのは、要は排水するだけですと、追い焚き配管に使ったお湯が残っているので、追い焚き配管内部をすすいであげて下さい!ということです。



最近はお湯を排水していると、自動配管洗浄が作動して、古いお湯を押し出して新しいお湯ですすいでくれるものもたくさんありますが、入浴剤を使うのであればさらに余計にすすいであげて下さい!




やり方は簡単です。





・リモコンの『足し湯』を押して1〜2分お湯を出し続ける。
・この『足し湯』を2〜3回繰り返す。





こうしてあげることによって、追い焚き配管から古いお湯を出して、新しい綺麗なお湯で追い焚き配管をすすぐことが出来ます。

 

 

 

ただし、汚れや入浴剤が溜まらない訳ではない(あくまでも溜まるスピードを落とす)ので






エコキュートは絶対に1年に1回、業者による風呂釜洗浄をしたほうが良い!





と、僕は強く思っています。




最後に業者の営業みたいになってしまってすみません(/ _ ; )




でも、経験上心の底から強く思っています。






それでは今回のエコキュートの風呂釜洗浄をご紹介させていただきます。






自動湯張りで汚れを確認








写真はお湯張り途中なのですが、かなり汚れが出てきてしまっていますね。





入浴剤が皮脂汚れと一緒になったものや、配管や給湯器内部の劣化からくるものも出ています。






お客様のこれまでのお風呂の使用状況は以下です




  1. ・入浴剤は頻繁に使用
  2. ・2日目の追い焚きは無いが、その日に何度も追い焚き
  3. ・お子さんの割合が高い



汚れが溜まりやすい要因がいくつかあるので心配ではあります。






循環アダプター




before
after



before
after




循環アダプターはかなり綺麗でしたので、お客様にお伺いしてみると、やはりご自分で取り外してたまに洗われていたらしいです。





すごく素晴らしいことだとは思うのですが、循環アダプターを止めるビスの受けが3個中2個バカになってしまって空回りしてしまっていましたので、取り扱いには注意して下さいね。(使用にあたっては今のところ問題は無し)






追い焚き配管(風呂釜)の汚れがすごい





濁っている




洗浄後のお湯が濁って浴槽の下部が見えません。これはかなりの汚れが存在している証拠です。










指に取ってみると、入浴剤と皮脂汚れがすごいです。






とにかくかき出しましたので、目視では汚れが確認できなくなりました。




あとは、追い焚き配管を濯いで、最後の確認で自動湯張りをしてみましょう!!!







エコキュートの風呂釜洗浄結果とまとめ









風呂釜洗浄の結果




汚れや劣化片はいっさい出ていません!





入浴剤も皮脂汚れもしっかり除去できました。





と、いうことで最後にまとめたいと思います。






エコキュートを使用していて、入浴剤を入れて追い焚きしても良いのか?




入浴後はすぐに排水し、その後追い焚き配管をできるだけすすぐ。それをすることにより汚れや入浴剤が溜まるスピードを落とせるので、その上で業者による風呂釜洗浄を1年に1回行う!





1年に1回というのは、あくまでも理想とされていますが、僕個人の意見としましては、エコキュートはそれくらいが当たり前と思っても良いのかなと思っています。





なぜかというと、洗浄で落とせなくなってしまった場合、給湯器本体を交換するしかすぐの改善は見込めないからです。





そうなると50万〜100万円くらいはかかってきます。





1年に1回の風呂釜洗浄の方が確実に低コストですので、このことも情報として覚えておいて下さいね( ̄^ ̄)ゞ





うちのお風呂はどうなんだろうと思われた方は、是非一度ご相談ください。ご使用状況や年数を考えた上でお話しさせていただきたいと思っております。





もちろん全国受け付けますので、遠方にお住まいの方もご連絡くださいませ!!!





なんとかします!!!










風呂釜洗浄専門

Thumb Always

代表 村田譲