2021年5月1日 | エコキュートの白いカス(汚れ)の正体3選!汚れの原因や改善方法あり、風呂釜洗浄で解決!



風呂釜洗浄専門 Thumb Always 代表の村田譲です。




今回は、エコキュートを使っていて白いカス(汚れ)が出てくるというお宅の情報をまとめて紹介していき、汚れの原因や改善方法をお伝えしていきたいと思います。





代表 村田譲






【風呂釜洗浄歴 5年】
● 風呂釜洗浄 施工件数 約1300件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件






エコキュートを使っていて、10年くらい経ってくるとお風呂のお湯に異常を感じられる方は多いんじゃないでしょうか?






エコキュートだけではない!白いカス(汚れ)の正体3選





エコキュートに限ったことではないのですが、エコキュートで特に多いので、エコキュートをお使いの方は知っておいて下さいね(⌒▽⌒)







  1. 人の皮脂汚れ
  2. 入浴剤
  3. ホコリのような繊維質なもの




この3つが、白いカス(汚れ)の代表的な3選です!!!





人の皮脂




人の皮脂は、全てのお宅で防ぎようのないものです。



人がお湯の中に入ると、絶対に皮脂は出ますし、その皮脂の入ったお湯が保温や追い焚きで配管の中を循環しますので、皮脂に関しては配管の中に付着させないということは現実として難しいです。










網ですくってみると、半透明のカスです。人の皮脂が配管内部に溜まりすぎてしまって、その皮脂が直接削られて出てきていると考えられます。






入浴剤






入浴剤に関しては、使用されなければもちろん出てくることはないので、自分で防ぐことができるものですね。







写真に写っている、上の半透明なものは人の皮脂と考えられますが、下の真っ白のカスは入浴剤の塊が出てきたものと考えられます。



エコキュート使用、入浴剤困っている人は本当に多いので、追い焚き機能付きのお風呂での入浴剤の使用は、本当にお気をつけください!!!!







ホコリがフワフワしたもの





ホコリが出てきているお宅は一番注意が必要です。








写真のホコリはかなりひどい状態なので参考にならないかもしれませんが、ホコリは少しでも白くフワフワしていますので、すくって触った時に繊維質であればホコリです。





この状態も全てのお宅で可能性があるにはあるのですが、基本的にこの症状が出ているお宅はこんな使い方をしています。






お風呂のお湯を翌日まで残して、同じお湯を再度追い焚きをして使用している!





お風呂に蓋をしていても、お湯の中にはホコリが大量に入ってしまいます。






そのお湯を追い焚きするのですから、ホコリも同時に吸い込んでいきます。





そして、ホコリをたくさん吸い込んで、配管に引っ掛かったり、ポンプの軸に引っ掛かったりしてしまいます。





この使い方は個人的に一切のメリットが無いと思っておりますので、2日目の追い焚き使用をされている方は、すぐにやめたほうが良いと思います。








何故、追い焚き配管(風呂釜)は汚れるのか?






追い焚き配管が汚れる原因はすごく簡単です。





お湯の保温や追い焚きをすることで、人の皮脂や入浴剤が入っているお湯が追い焚き配管(風呂釜)を循環するため!!!





もちろん1日ですごい量は溜まりませんよ。



積み重ねです!!!





信じられないとは思いますが、1年使えば結構な量が溜まっています( ;∀;)





もっと詳しく知りたいという方はこちらをどうぞ!





汚れる原因に関してはわかってもらえたと思いますので、次に対処方法をお伝えしていきます。






汚れはどうやって落とせば良い?





これに関しては、期待外れの回答になってしまうかもしれませんが正直に申し上げます。





市販の洗剤で汚れはほぼ落ちませんので(実験済み)、風呂釜洗浄業者による洗浄で汚れを落とし、一度綺麗な状態を作ってから汚れをなるべく溜めないように使っていって下さい!






これしか方法はないと思います。





汚れを全く付けずに使うことは不可能ですので、市販の洗剤で取れないのであれば、汚れていくスピードを落として、定期的に業者による洗浄をしていくしかないのです。






追い焚き配管(風呂釜)を綺麗に保つ方法





これも比較的簡単です。






追い焚き配管(風呂釜)の汚れの原因が、人の皮脂や入浴剤なのであれば、入浴後すぐに排水して追い焚き配管をすすいであげれば良いのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





どうやってすすぐの?ですよね!






簡単です。浴室のリモコンに《たし湯》というボタンがあるはずなので、それを押してあげて下さい!




たし湯》というのは、給湯器で作られたお湯が、追い焚き配管を通って出てきますので、お湯を出せば出すだけ追い焚き配管をすすいでいるということになるのです。







あとは1年に1回の定期洗浄を忘れないでくださいね!!!






それでは最後に今回のエコキュートの風呂釜洗浄を紹介していきたいと思います。






エコキュート・9年使用で初の風呂釜洗浄









江東区にあるタワーマンションにお住まいのお客様でした。



ダイキンのエコキュートですね。






お湯張りすると、白いカスや汚れが出てくるので洗浄して欲しい!





入浴剤もそこそこ使われていたそうで、ジャバも試されて余計に汚れがたくさん出てくるようになってしまったとのこと。






循環アダプターの汚れ




before
after




before
after




循環アダプター周辺は、入浴剤汚れがあるなという印象でした。






追い焚き配管(風呂釜)内部の汚れ










汚れの色が白っぽいのでわかりにくいのですが、なかなかの量だったと思います。




やはりエコキュートですね。







もちろん洗浄後は汚れは一切出てきませんので、これで一件落着です( ̄^ ̄)ゞ







まとめ





  • 白いカス(汚れ)には3種類ある
  • 業者の風呂釜洗浄をしたことがなければ洗浄を
  • 市販の洗剤では汚れは落ちない
  • 汚れをつきにくくする方法はあるが、一度綺麗にしてからでないと効果無し
  • エコキュートは1年に1回洗浄したほうが良い






大まかにこれくらいですが、細かいことはさらにたくさんありますので、もっと知りたいという方は、ぜひ一度ご連絡ください!!!!




最後に、無症状でも風呂釜に汚れは付着していきますので、1年以上洗浄されてない方は、洗浄して下さいね。




風呂釜洗浄専門 Thumb Always
代表 村田譲