2021年3月29日 | エコキュート8年・黒いカスが止まらない。ジャバは何度も試したがもう限界!

 

 

代表 村田譲

 

 

【風呂釜洗浄歴 5年】

● 風呂釜洗浄    施工件数 約1200件

● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件

 

 

 

今回は、エコキュートを8年使用されているお客様から

 

 

 

『黒いカスが出てくるようになって、ここ1年ほどはジャバを使って何とかしのいできた。最近はジャバを使っても大量に黒いカスが出てきてお風呂に入れなくなってしまったから、何とか風呂釜洗浄で入れるようにしてほしい』

 

 

 

とのことで、風呂釜洗浄のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

 

 

さて、エコキュートにおける黒いカス、定番中の定番ですね・・・

 

 

黒いカスの種類に関してはこちらをどうぞ

 ↓↓↓

 

それでは、黒いカスの正体を見極めながら洗浄していきたいと思います。

 

 

 

エコキュート8年・黒いカスの正体は?

 

 

 

お伺いして早速お湯張りで汚れを確認してみました。

 

 

すごい量

 

 

まだお湯張りが完了していない状態でこれだけの汚れが出ているのです。

 

 

 

フィルターを外してみると

 

 

 

 

やはりかなりの量ですね。

 

 

触ってみるとすぐにわかりました。

 

 

 

入浴剤です!

 

 

入浴剤が追い焚き配管に溜まり過ぎて、それらが削られて直接浴槽に出てきてしまうお悩みは、風呂釜洗浄の約半分をしめます。

 

 

 

そのくらい悩んでいる人が増えてきているという事になります。

 

 

 

これまでの使用状況

 

 

 

エコキュートを設置されてからこれまで、どのように使われてきたかをお客様にヒアリングしてみました。

 

 

 

・入浴剤は最初の4年は濁り湯、それからは濁らないバブ

 

 

 

・お湯は追い焚きをして2日間使用することもあった

 

 

 

ご家族構成は聞きませんでしたが、かなり大きなお宅でしたので、ご家族も少なくはないのかなと思いました。

 

 

 

8年間、洗浄されずに入浴剤を使い続ければ、今回の状況は合点がいきますね。

 

 

 

これで原因は入浴剤ということもわかりましたので、あとは徹底的に洗浄していくだけですね。

 

 

 

循環アダプター周辺の状況

 

 

 

 

 

アダプターの裏は、外して掃除されていたようで、汚れ自体は少なめでした。

 

 

 

 

 

フィルターは数少ない分解できるタイプ。よかった〜!

 

 

 

最初、ブラシでこするだけだだと色が落ちませんでしたので、薬剤で漬け込みをして落としました。

 

 

 

追い焚き配管(風呂釜)の汚れ

 

 

 

 

 

最初の薬剤を投入した瞬間から汚れが出始めました。

 

 

 

 

 

洗浄の中盤では、お湯全体も濁りました。

 

 

 

これはかなりすごい状態です。

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、黒や深緑の汚れが大量に出ました。

 

 

 

 

 

 

 

入浴剤の汚れと人の皮脂汚れというものは、週一、月一ジャバをされていてもしつこく追い焚き配管に残ってしまいます。

 

 

 

絶対に風呂釜洗浄業者の洗浄じゃないと落ちません。(嫌な言い方でごめんなさい。でも本当なんです)

 

 

 

 

最後の確認の写真を撮り忘れてしまったので、言葉だけになってしまうのですが

 

 

 

洗浄後は全く汚れは出ませんでした!!!

 

 

 

 

黒いカスが入浴剤の際のまとめ

 

 

 

入浴剤はもちろん使わない方が良いというのが業者的な意見なのですが、僕の個人的な意見としましては

 

 

 

 

使っても大丈夫なのですが

 

 

 

 

・入浴剤を使われた際は、排水後綺麗に配管を洗ってあげて欲しい!

 

 

 

 

・確実に数年(理想は1年)に1度は風呂釜洗浄を!!!

 

 

 

 

これを忘れないで実行していただければ、給湯器を交換しないと解決しない!という最悪な状況は回避できると思います。

 

 

 

 

ご相談だけでも大歓迎ですので、もし不安に思われた方はいつでもお気軽にご連絡ください!!!

 

 

 

 

 

 

風呂釜洗浄専門

Thumb Always

代表 村田譲