2021年9月12日 | お湯はりで黒い汚れ?フロ水○ンダー(風呂水清浄剤)での2日目の追い焚き再利用はしていいの?




風呂釜洗浄専門 Thumb Always 代表の村田譲です。









今回は、千葉県・松戸市にお住まいのお客様から

『ここ最近、自動湯張りや追い焚きをすると、黒いススのようなゴミが出てきてしまっていて、給湯器メーカーに来てもらって、ゴムパッキンを紙パッキンに交換してもらったり、自分でジャバを試してみたけど、改善する見込みがなかったので、一度風呂釜洗浄をして改善できるのかどうか試してみたい!』

ということで、僕が何かに試されているようなご依頼をいただきました。









ありがとうございあぁす☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆












代表 村田譲






【風呂釜洗浄歴 5年】
● 風呂釜洗浄 施工件数 約1,300件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件








最近また黒いカスでお悩みのお客様からのご相談がすごく増えています!







黒いカスの正体に関しましては、3選ありますのでもしよかったらこちらも見て見てくださいね。







黒いカスはゴム片だった!







お客様のお宅に到着して、まず自動湯張りをさせていただきました。














遠目からは綺麗なお湯が出ているように見えますよね!












近くで見ると、所々、黒いカスが確認できます。















指にのっけて触ってみると、黒く伸びるような感じで消えます。













ゴム片が出てきているのはどこからか?









ゴム片が出てくる箇所としましては

次の三つが考えられます。








  1. 給湯器内部のゴム配管orゴムパッキン
  2. 浴槽と給湯器を繋ぐ配管(ゴム製・ハイブリッドホース)
  3. 循環アダプターのゴム









今回は、お客様から

給湯器内部のゴムパッキンは交換されたことをお伝えいただいておりましたので、残りは2・3が可能性として高くなりますよね。













次に、給湯器と浴槽を繋いである配管を見させていただきました。











この2本が、浴室と給湯器を繋いでいる、追い焚き配管(風呂釜)です!!!







ゴム製ですね!







2の可能性が高いかもしれませんね( ; ; )









3がひどく劣化することはあまりないので、今回のメインはこのゴム製の配管の劣化のようです!!!












それでは、いつものように循環アダプターから洗浄していきましょう。











その前に普段の使い方をお聞きしました。










普段のお風呂の使い方






  • 入浴剤は基本使用無し
  • たまにお孫さんが入るくらいで、いつもはお二人だけ
  • 浴室リフォームから5年
  • ここ1〜2年、お二人になってから2日目のお湯を追い焚き再利用






そこまで悪い使い方でもないなぁと思いながら、ここ最近の追い焚き再利用だけは気になったいました。










循環アダプターの汚れ








before
after





before
after






基本汚れはほとんど見られません!












ですが、この循環アダプターの色が少し変だったのです。







浴槽側の受けの黒い方ではなくて、そこに固定する外側のグレーの方なのですが、グレーの色が抜け始めていて白くなってきているのです。











これは、と思い



お客様に2日目の追い焚き再利用の際に、何か薬剤等入れていないか聞いてみました。






そうすると、お客様がこれを持ってきてくれました!!!
















やはりそうでしたか!!!










風呂水ワンダー・・・
だけではなく
様々な風呂水清浄剤・・・



悪い薬剤とは言いません。
確かに、お風呂のお湯の中の細菌を無くすでしょう。

塩素ですから。


ですが、確実に風呂釜というシステムにとっては良いとは言えないでしょう。















気がついてよかった。







このような風呂水清浄剤をご使用のお宅は確実にゴム片やサビのような劣化が酷いです。
全てが薬剤のせいではないのかもしれませんが、関係していることは間違いなと思われます。










循環アダプターの中のゴムもかなり劣化していて、洗剤をかけると黒くゴムが溶け出します。









これで決まりました!!!









今回は循環アダプターの中のゴムパーツを綺麗にすることと、浴槽と給湯器を繋ぐゴム製の配管の徹底洗浄です!!!!














追い焚き配管(風呂釜)の汚れとゴム片











配管の汚れを出すたびに黒い汚れが少し出てきます。





おそらく、汚れと一緒に現段階で劣化しているゴムが一緒に出てきていると思われます。








そして何度も洗浄を繰り返しました。
















ゴム片は思っていたより多くなかったkもしれませんが、汚れは結構出ましたね!











汚れの下にゴムが隠れていますね。














すごく酷い状態まではいっていなかったのかもしれません。




ですが、この先どうなっていたかはわかりません。
早い段階で症状として現れてくれたから解決することができました。








絶対に忘れないで欲しいのは




症状がいつ出るかは全くわからないから、もし現段階で無症状だったとしても一度風呂釜の状態を知ってください!!!







最後に自動湯張りをして、何も出てこない状態を確認して今回の洗浄は終了です。










今回の洗浄は、浴室と給湯器を繋ぐ配管のゴムが劣化して出てきてしまっている状態でしたが、早い段階での洗浄でしたので解決することができました。










風呂水清浄剤を否定するつもりはありません。素晴らしい薬剤だと思います。




ですが





実際にはいろんなリスクもあることだけは間違いないので、使用されている方、使用されていた方は、十分に気をつけてくださいね(⌒▽⌒)












まとめ







  • 風呂釜清浄剤の使用は気をつけて
  • 2日目のお湯の追い焚き再利用はリスクしかない
  • 黒いカスは3つに分けられる
  • 無症状でも風呂釜洗浄は必要







質問やご相談は、いつでも大歓迎ですので、気になる方はご連絡くださいませ。










全国からのご連絡、心よりお待ちしております!!!!!!




















直接目で確認できない風呂釜だからこそ、一度状態を確認してみてくださいね♪( ´▽`)











風呂釜洗浄専門
Thumb Always

代表 村田譲