2021年9月20日 | お湯張りでの茶色いカス!給湯器は新しくても配管は変わっていない。【震災に備えるためのお湯残しには気をつけて】




風呂釜洗浄専門 Thumb Always 代表の村田譲です。









今回は、東京都・世田谷区の高級マンションにお住まいのお客様から

『最近、お湯張りやその後の保温を継続していると、お湯の中に茶色の汚れが浮遊していて、メーカーにみてもらったけど、配管の汚れが原因ではないか!と言われたので、風呂釜洗浄で綺麗にして欲しい!

この先孫もよく泊まりに来ることになるから、綺麗なお風呂に入れてあげたい!』

とのことで、風呂釜洗浄の依頼をいただきました。








ありがとうございまぁす☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆











代表 村田譲









【風呂釜洗浄歴 5年】
● 風呂釜洗浄 施工件数 約1,300件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件














それでは、お客様の使用状況からお伺いしていきたいと思います。









これまでのお風呂の使い方








  1. 築20年のマンションで今まで風呂釜洗浄はしたことがない
  2. お風呂のお湯は毎日交換しているが、防災のためお湯は次の日のお湯張りまで残してある
  3. 入浴剤はたまに使うくらいで、基本的には使用していない
  4. 現在はご夫婦の2人暮らし








1〜4の中で、どれが1番のネックになっているかというと・・・・・・・・・











わかります?











汚れが多くなってきてしまっている大きな原因として考えられるのが





















なんですよ!














防災のために、浴槽にお湯を残しておくというのは、人が入ったお湯、つまり皮脂がたくさん含まれているお湯が、追い焚き配管(風呂釜)にもずっと残っていることになり、そのことが原因で追い焚き配管に汚れがたくさん溜まってしまいます。










ここですごく難しいのが、風呂釜を綺麗に保つために毎日すぐに排水し、もし震災がきて守れていた命が守れなかったら本当に嫌ですよね。

そうなったしまったら本末転倒です!










ですので、震災のためにお湯を残しておきたいという考えの方は、そのままで大丈夫だと思います!











なんですが・・・・・・・・・












浴槽にお湯を残すということは、追い焚き配管(風呂釜)に汚れが溜まりやすい状態になっているので、確実に定期的な洗浄を行ってください!!!








という、僕の叫びを覚えておいてください(⌒▽⌒)









もし放置していて、洗浄で汚れが取り切れなくなると、さらにお金がかかってきしまいますので!












湯張り時の汚れと配管素材










まず、お湯張り時の汚れを確認してみましょう。
















まだお湯張り完了前なので、かなりの汚れが出てきています。









近くで見ると、汚れが皮脂汚れだなとしっかり確認できますね。










給湯器が浴室の近くに設置されていたので、浴室と給湯器を繋いでいる配管も確認させていただきました。












配管の素材は樹脂製のものでしたので、汚れも落としやすく劣化もほぼ無いので、一番良い配管なのかなと思います。













循環アダプターの汚れは?










before
after



before
after



before
after





あれ?そんなに汚れてないじゃん!!!






と思いますよね!!







不思議だったので、お客様にお聞きしたところ

メーカーさんがついでに循環アダプター周辺だけ軽く洗ってくれたらしいです。















追い焚き配管(風呂釜)の汚れは?















しっかりとわかりやすく汚れが出てきています。























べっとりとした汚れです。







給湯器は交換後2年でしたが、給湯器内部にもかなりの汚れが溜まっていまいした。

やはり、給湯器を交換されても浴槽と給湯器を繋いでいる配管がそのままですので、汚れていくスピードは早いようです。











最後にお湯張りをして汚れが出ないか確認です。

















汚れも匂いも全く無いので、これで安心ですね(⌒▽⌒)








お孫さんにも安心して入っていただけます!!!













まとめ







  • 防災のために浴槽のお湯を残すことが汚れるスピードを上げている
  • その場合は、確実に定期洗浄をすべき
  • リスクが高くなって、後に洗浄以上のお金がかかる場合がある
  • 給湯器が新しくても、浴槽と給湯器を繋ぐ配管は基本変わらない







風呂釜のことなんて、洗浄業者じゃ無い限り基本興味も無いし、情報も入ってきません。







ですので、もし風呂釜の情報を持っている方は是非周りの人に教えてあげてください!











直接ご連絡いただければ、僕が知っている限りの情報はお伝えさせていただきます^ ^












全国からのご連絡、心よりお待ちしております!!!












風呂釜洗浄専門
Thumb Always

代表 村田譲