《千葉県・習志野市》湯張り・追い焚きで黒い汚れが出てきて止まらない!【原因は入浴剤!風呂釜洗浄で解決!】

自動湯張り完了後、あるいは追い焚き後、お風呂に入ろうと思って浴槽のお湯を覗いてみると、何やらフワフワとしたものが浮遊していたり、浴槽の下に何かが沈んでいたりしたことはないでしょうか?

 

 

お湯張りや追い焚きで、何かが出てきている場合・・・

 

 

風呂釜は悲鳴をあげているのです!!!
(放置すると確実に悪化します)

 

 

そんなときは、すぐ業者にご相談いただき、風呂釜洗浄で汚れをしっかり除去してもらってください!

 

 

 

今回は、《千葉県・習志野市》にお住まいのお客様から

『何年か前までは自動湯張りを使用してお風呂に入っていた。汚れが出始めてから(数年前)は、シャワーでお湯を溜めて追い焚き機能だけ使用してお風呂に入っていたが、最近は、追い焚きでも汚れが出てきてしまって、お風呂に入れなくなっていた!
ネットで調べたら風呂釜(追い焚き配管)の汚れが原因だということがわかったから、綺麗に洗浄して欲しい!!!』

とのことで、風呂釜洗浄の依頼をいただきました。

 

 

ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

代表 村田譲

 

 

【風呂釜洗浄歴 6年】
● 風呂釜洗浄    施工件数 約1500件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件

 

 

 

 

 

追い焚きでのみでの風呂釜使用は、汚れが溜まりやすく危険!

 

 

 

お客様にヒアリングさせていただいた際、たまに聞くお話なのですが・・・・・・

 

 

『自動湯張りで汚れが出てきて嫌だったから、シャワーでお湯を溜めて追い焚きだけで風呂釜を使用していた!』

 

 

この使い方は、洗浄業者の目線から、絶対にやめた方が良い使い方です!!!

 

 

 

なぜ追い焚きのみの使用だと汚れやすいのでしょうか?

 

 

 

自動湯張り・追い焚き両方使用の場合

 

 

自動湯張りの際、新しいお湯は給湯器で作られて、追い焚き用の配管に送られて、最終的に追い焚き配管を通って浴槽に運ばれます。

 

 

ということは、追い焚き配管の中を新しいお湯で濯いでいることになるのです。

 

 

もちろんこれだけで汚れが溜まらないというわけではないのですが、新しいお湯が追い焚き配管を通ることによって、配管内部を濯ぐことになるので、多少なりとも汚れが付着していくスピードを遅くしてくれます。

 

 

 

追い焚き使用のみの場合

 

 

もうお気づきかもしれませんが、追い焚き使用のみですと、常に人の皮脂や入浴剤が含まれているお湯が循環していることになり、しかも新しい綺麗なお湯や水で濯ぐこともできません。

 

 

新しいお湯や水が通らないということが、驚くほど汚れが溜まっていく原因となっているのです。

 

 

追い焚き専用の風呂釜(たまに見かけます)やジェットバスの配管がものすごく汚れているのは、こういった理由からなんです。

 

 

 

このようなことからも、追い焚き使用だけよりも、自動湯張り機能を使用していた方が、風呂釜に汚れは抑えることができます。
(自動湯張りを使用しているから汚れない、ということではないので、気をつけてくださいね)

 

 

 

 

 

使用状況と自動湯張りの現状

 

 

 

  • 給湯器はガスで10年使用
  • 入浴剤の使用頻度が高い(ほぼ毎日)
  • 2日目のお湯の追い焚き再利用は無し
  • 大人2人でお住まい
  • 風呂釜の使用は、追い焚きのみ(自動湯張りは数年使用していない)

 

 

 

今回の気になるのは、完全にこの2点!

 

 

  1. 入浴剤の使用頻度
  2. 追い焚きのみ使用

 

 

業者目線で、かなりマズい使用方法です

 

 

 

それでは、自動湯張りでどのくらい汚れが出てくるのかを見てみましょう!

 

 

 

 

 

おおおおおおおおっっっっっっ!!!!!!

 

 

 

お湯張りでこんなに?かなりマズい状態ですね・・・

 

 

 

   

 

 

 

最初は、ゴムが劣化して出てきているゴム片かと思いましたが、触ってみると汚れだということがわかりました。

 

 

この汚れを見た後、ドラクエ3のバラモス(ゾーマまではいかない)に戦いを挑むような気分になりました。笑

 

 

 

 

循環金具の裏側がとんでもないことに!

 

 

    

 

 

埃や入浴剤、皮脂汚れが溜まりに溜まっていました。

 

 

浴槽側からカビキラーをよくかけていたらしく、循環金具本体がグレーから色が抜けて白くなってしまっていますね。

 

 

   

 

 

たまにのカビキラーは大丈夫ですが、あんまり頻繁にかけてしまうのはやりすぎです(/ _ ; )

 

 

 

 

循環金具周辺の汚れもすごかったですよー!のコーナーでした(๑>◡<๑)

 

 

 

それでは、本丸である風呂釜(追い焚き配管)の汚れを出していきましょう!!!

 

 

 

 

 

風呂釜(追い焚き配管)はとんでもなく汚れていた!

 

 

 

洗浄剤で汚れをかき出し始めてすぐ

 

 

 

 

汚れは大量に出ってくるわ、真緑のお湯が出てくるわで、これはそうとうヤバいことになってそうですね・・・

 

 

 

これだけ汚れがすごいので、浴槽と給湯器を繋いでいる配管の素材も確認しておくことにしました!(ほとんどのお宅で確認はしていますが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

マンションタイプではちょっと珍しいのかもしれませんが、ハイブリッドホースといわれているゴム製の配管です!

 

 

この配管は、内部が確実に劣化してボロボロになってくるので、あまり推奨はされていないのですが、取り付け施工者が扱いやすいので多く使用されています。

 

 

 

ですが、このホース(配管)が悪いのではなく、汚れが付着していって放置することが一番危険ですので、定期的に汚れを落としてメンテナンスをしていけば、ハイブリッドホースでも問題は無いかなと思います!

 

 

 

 

 

それでは、最終的に出てきた汚れの全体を見てみましょう!!!

 

 

 

 

 

 

お湯は深い緑色になってしまい、浴槽の縁には汚れがたっぷり付着していますね・・・・・

 

 

 

   

 

 

 

ベットリしている汚れで、すごい粘着力でした。

 

 

 

これでは市販の洗浄剤では、なかなか落とすことはできないでしょう。

 

 

 

 

洗浄後は、汚れや匂いもなく綺麗なお湯で自動湯張りが完了しましたので、本当によかったです。

 

 

 

 

入浴剤汚れが酷すぎると、洗浄だけでは取りきれなくなってしまう場合もありますので、ご使用にはお気をつけください!!!

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

  • お風呂のお湯に汚れや匂いを感じたらその時点で赤信号
  • 市販の洗浄剤で汚れは落ちない
  • 入浴剤は風呂釜を汚れやすくする
  • 追い焚き使用だけの風呂釜はすごく汚れる
  • ゴム配管(ハイブリッドホース)は確実に定期的な洗浄を

 

 

 

 

今回は、かなり汚れが酷かったですが、しっかり汚れは落とせました。

 

 

年に数回ではございますが、間違いなく洗浄だけでは落としきれなくなってしまっている風呂釜に出逢います。

 

 

そうなってしまうとものすごい労力やお金がかかってしまいますので、放置することなく定期的に業者による風呂釜洗浄で汚れを除去していってください( ´ ▽ ` )

 

 

 

ご予約・ご相談はいつでも大歓迎ですので、気になっている方は是非一度ご連絡くださいませ。

 

 

 

全国からのご連絡、心よりお待ちしております。(先日は佐賀県の方からご相談いただきました)

 

 

 

https://thumb-always.com/contact

 

 

 

 

 

風呂釜洗浄専門
Thumb Always

代表 村田譲