賃貸マンション・中古物件の追い焚き配管(風呂釜)が汚い理由!【無症状でも汚れは溜まっているから気をつけて】

風呂釜洗浄専門 Thumb Always 代表の村田譲です。

 

 

今回は、東京都・足立区にある、給湯器やガスコンロの設置会社さんから

最近給湯器を交換した、川口市の賃貸マンションの部屋で、自動湯張りをするとかなりの量の汚れが出てきてしまい、市販のジャバを試したが全く治まる気配がないから、一度専門の業者に綺麗に洗浄して欲しい!

とのことで、給湯器設置業者さんから風呂釜洗浄の依頼をいただきました。

 

 

ありがとうございまぁす☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆







代表 村田譲

 

 

【風呂釜洗浄歴 5年】
● 風呂釜洗浄    施工件数 約1400件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件

 

 

※エコジョーズ・エネファーム・エコワン
TES・エコキュートすべての給湯器に対応

 

 

※井戸水・二つ穴・バランス釜・高温差し湯
全てに対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

賃貸マンション・中古住宅は、風呂釜洗浄されません!

 

 

お引っ越し全ての物件に関しまして、新築でない限り、ほぼ100%の確率で追い焚き配管の洗浄はされておりませんので、それまで住んでいた方の皮脂汚れや入浴剤汚れが残っている状態です。

 

 

ほぼというのは、僕が僕がお付き合いさせていただいているオーナーさんで、ここ数年退去ごとに風呂釜洗浄されているところがあるからです。

 

 

ですが、僕の知っている限り、そのオーナーさんが持っている物件だけなんです。

 

 

なぜ、空室クリーニングで追い焚き配管の洗浄が含まれないのかというと、オーナーさんの気持ちを考えるとすぐにわかります。

 

 

自分がオーナーさんの立場で、持っている賃貸物件の追い焚き配管(風呂釜)から汚れも匂いも無い状態で、住人さんが退去されたタイミングで追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)しますか?と言われたら、ほとんどの方がNOと答えるのではないでしょうか。

 

 

なるべくならお金をかけずに維持していきたいという気持ちは皆さん同じなんです。もちろん僕もそうです。

 

 

ですが
追い焚き配管(風呂釜)が厄介なのは、汚れが溜まっているのに内部の汚れを見ることが出来ず、放置されてしまうので賃貸や中古物件のお風呂のお湯には大量の細菌が潜伏していて、しかも知らない人の皮脂汚れが溜まっているお風呂に入っていることになるのです。

 

 

これ絶対に嫌ですよね。賃貸や中古は気をつけましょう(^ ^)

 

 

 

 

 

賃貸マンションで風呂釜洗浄されるのは汚れが出てから!

 

 

では、実際に弊社が管理会社さんから依頼をいただくタイミングというのはいつなのかというと・・・

 

 

新しい入居者さんが、お湯張りをした段階で汚れが出てきてしまい、しばらく使ったり市販の洗浄剤を試した後も汚れが止まらない場合です!

 

 

自動湯張りや追い焚きを使用した際に、汚れを目視で確認できるということは、追い焚き配管に汚れが溜まりすぎていて悲鳴をあげている状態です!

 

 

これ、ちょっと怖くないですか?

 

 

 

 

 

しばらく使ってみて、汚れが止まったら大丈夫なの?

 

市販の洗浄剤で止まったら大丈夫なの?

 

 

 

 

答えは簡単です!

 

 

しつこいようですが、大丈夫なわけがなく、汚れが出たということは、追い焚き配管には汚れが溜まっていて、悲鳴をあげているから汚れが直接出てきてしまっているのです。

 

 

市販の洗浄剤では落ちないということは、実際に実験しておりますので、こちらをどうぞ

https://thumb-always.com/archives/824

 

 

 

 

管理会社が対応してくれればまだよいのですが、会社によっては



そこは掃除しませんので、自分でなんとかしてください!



なんてところもあるらしいです。怖いです・・・

 

 

オーナーさんと連絡を取り合って、どう対処していくかを考えることも仕事のうちだと思うのですが・・・

 

追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)は基本事例がないので、ただ探すのが面倒なのでしょう・・・

 

 

 

 

それでは、今回の風呂釜洗浄をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

賃貸マンションの追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)

 

 

 

 

 

 

まずは最初に自動湯張りをしてどのようなものが出てきているのかを確認させていただきました。

 

 

 

 

 

お湯張りの最初の段階から、かなり大きな汚れの破片が出てきていました。

 

 

 

 

暑さ2〜3mmあって、20年以上使用されてきた皮脂・入浴剤汚れの塊ですね。

 

 

こんな大きな汚れが出てくるということは、追い焚き配管に相当な汚れが溜まっていることは間違いございません。もし数回お湯を出してみて、汚れが止まったとしても、内部は相当まずい状態ですので、すぐに追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)が必要です!!!

 

 

 

 

 

 

循環金具周辺の汚れがすごい!

 

 

 

   

 

 

⬆️

このフィルターや循環金具の表面くらいは、空室クリーニングで洗っても良さそうなのですが、どうやらこの物件に関しては手付かずだったようです。

 

 

 

   

 

 

   

 

 

   

 

 

 

何度かジャバをされたらしいのですが、落ちきらないですよね。

 

 

循環金具の浴槽側の受けなんて何ミリあるの?っていうくらいの塊になっちゃってます(>人<;)

 

 

自分が使用した汚れではなく、赤の他人が使用して溜まったこんな皮脂汚れが付着しているお風呂になんて入りたくないです!!!

 

 

 

 

 

 

追い焚き配管の汚れはさらにすごかった!

 

 

 

給湯器が新品ということは、通常よりも目に見える汚れは少ないかもと思っていたのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりかなりの汚れが追い焚き配管に溜まっていました。

 

 

   

 

 

 

かなり粘着力が高く、色もかなり濃いです!

 

 

 

今回は、症状として現れたので風呂釜洗浄に至りましたが、これだけ汚れがあっても症状として出ない場合もかなりありますので、何年も放置するのは危険ですよ♪( ´θ`)ノ

 

 

 

まとめ

 

 

 

  • 賃貸だけではなく、中古物件は追い焚き配管洗浄(風呂釜洗浄)されない
  • 築年数が経過していれば、その分汚れも溜まっている
  • 入居前か入居後すぐにお湯張りして確認しましょう
  • 以上があれば絶対に管理会社さんに相談してみましょう
  • 無症状であったとしても、絶対に汚れは潜んでいます!!!

 

 

結果として、症状として現れない限り、管理会社さんやオーナーさんはなかなか動いてくれませんが、気になる方は管理会社に相談してみるのが良いと思います。

 

 

 

ご相談やご予約は、いつでも大歓迎ですので、是非ともご連絡くださいませ。

 

https://thumb-always.com/contact

 

 

 

 

これから寒くなりますので、綺麗なお風呂で今年の冬を迎えましょうね(^O^)

 

 

 

 

風呂釜洗浄専門
Thumb Always(サムオールウェイズ)

代表 村田譲