エコキュートの追い焚き配管洗浄で汚れが大量に出てくる!【2〜3年に1回は洗浄を!】

現在の自宅に、自動湯張りや追い焚きの機能がついていて、日々なんとなく使っている方が多いと思われます。

 

 

実は、そのような便利な機能が付いているお宅の追い焚き配管(風呂釜)には、確実に汚れが溜まっているのです!

 

 

しかも、その汚れは、普段は見えない配管内部に付着していてますので、汚れが出てきたりお湯が臭くなったりするまで放置されることがほとんどなのです。

 

 

そうなってしまうと何が悪いかと言いますと

 

 

最初のお湯張りの段階で、浴槽に大量の細菌が流れ込んできていることになるし、保温や追い焚きを繰り返すことにより、浴槽内部の細菌がさらに増えてしまうことになります。

 

 

そんな状態を数年もしくは数十年続けていれば、少なからず、何かしらの健康被害につながってしまうのではないでしょうか・・・

 

 

なるべく綺麗なお風呂に保つためには、どうしても定期的に汚れを除去していかなくてはいけないのが現実ではございますが、とにかく何も知らないで追い焚き配管を使用し続けるのは危険ですので、どうか最後まで、参考程度で大丈夫ですので読んでいっていただけますと幸いでございます。

 

 

 

 

代表 村田譲

 

 

【風呂釜洗浄歴 6年】
● 風呂釜洗浄 施工件数 約1600件
● ジェットバス洗浄 施工件数 約100件

 

 

※エコジョーズ・エネファーム
エコワン・TES・エコキュート全て対応

 

 

※井戸水・二つ穴・バランス釜・高温差し湯
全てに対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

今回は、埼玉県・比企郡にお住まいのお客様から

『新築から11年が経過して、お風呂に汚れが直接出てきたり、お湯が臭くなったりすることはなかったが、エコキュートを使用していることもあり、数年前からずっと洗浄したかったんです。なかなかタイミングを合わせられず、ようやく今回洗浄依頼をすることが出来ました。』

とのことで、エコキュートの追い焚き配管(風呂釜)洗浄の依頼をいただきました。

 

 

 

ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

 

お湯張りや追い焚きで、汚れが出たり臭くなったりはしていないようですが・・・・・

 

 

 

11年経過している、エコキュート、ですからね(⌒-⌒; )

 

 

普通に考えても、汚れが少ないとは考えられないです。
おそらくたまたま汚れが出てきていないだけじゃないかなと思います。

 

 

 

 

追い焚き配管(風呂釜)とは?

 

 

 

汚れ汚れといつも言っているけど、そもそもその汚れが付着する追い焚き配管(風呂釜)って何?

 

 

と思われる方もいるだろうということで、簡単に追い焚き配管(風呂釜)とは何かを説明させていただきますね。

 

 

 

よくネットに出ている簡単な図

 

 

 

 

この図の赤く囲まれている部分が、追い焚き配管(風呂釜)、なんです!

 

 

要は、給湯器で作られた新しいお湯をお風呂に運んできたり、ぬるくなったお風呂のお湯を給湯器に戻して熱くし、熱くなったお湯を再度お風呂に戻すための配管を追い焚き配管(風呂釜)と呼んでいます。

 

 

お湯張りの時も追い焚きの時も、使用される配管は同じです。

 

 

人の皮脂や入浴剤が混入されているお湯が、保温や追い焚きによって追い焚き配管を循環しますので、確実にこの配管は汚れていきます。

 

 

そして、ある程度汚れてしまうと、お湯張りも同じ配管を使用するので、最初のお湯から細菌の量が多いお湯になってしまうのです。

 

 

配管が悲鳴をあげると、直接汚れが出てきてしまったり、お湯が臭くなってしまう、という症状が現れたりします。

 

 

綺麗なお湯で入浴する!お湯に汚れや匂いを発生させない!
そのためにも、追い焚き配管(風呂釜)の汚れを定期的に除去しなければいけないのです。

 

 

 

特にエコキュートは汚れが溜まりやすいので、気をつけて下さいね。
もしよろしければこちらにエコキュートの洗浄例が詳しく書いてありますので読んでみて下さい。

https://thumb-always.com/archives/2526

 

 

 

 

 

これまでの使用方法と現状

 

 

  • 築11年(業者の風呂釜洗浄無し)
  • エコキュートを11年使用
  • お子様いらっしゃるご家族
  • 入浴剤も使用あり
  • 2日目の追い焚き再利用は無し

 

 

 

入浴剤だけが少し引っかかる点ではございますが、それ以外は特に引っかかる使用方法では無いかなと思います。

 

 

これまでに何度も何度もうるさいくらいにお伝えしてきた入浴剤使用でございますが、追い焚き配管の情報が無い状態で使用されることと情報がある状態で使用されるのでは、雲泥の差がありますので、入浴剤は情報を知っていただいた上で使用していって下さい!!!

 

 

 

何はともあれ、エコキュート11年使用ですからね。

 

 

汚れていないことはないので、順番に見ていってみましょう(๑>◡<๑)

 

 

 

 

循環金具周辺の汚れ

 

 

   

 

 

 

   

 

 

 

酷い、というところまではいっていませんが、皮脂汚れがかなりの厚みで固まっています。

 

 

 

 

 

 

純金具周辺を洗っただけで、汚れだらけになってしまいました。

 

 

 

ここがこの状態ということは、配管内部も似たような状態、ということになります。

 

 

 

 

追い焚き配管(風呂釜)の汚れ

 

 

やはりエコキュート・11年使用なだけあって、かなり汚れを溜め込んでいたようです。

 

 

 

 

洗浄剤を入れ込んで間も無く、色のついた汚れが大量に出てきました。

 

 

どんどん掻き出していって、最終的にはこうなりました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

指に取って確認してみると、入浴剤の成分も結構含まれている感じだし、若干匂いも発生している状態でした。

 

 

おそらく、もう間も無く悲鳴をあげるところで、そうなると、汚れが直接出てきたり、お湯が臭ったりしていたと思います。

 

 

ギリギリセーフです( ´ ▽ ` )

 

 

もちろん、この後、綺麗に洗い流し、再度お湯を出してみて、汚れや匂いが一切しないことを確認して今回の洗浄は終了でございます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

  • 追い焚き配管(風呂釜)とはお湯を運んだり追い焚きしたりする配管
  • 追い焚き配管(風呂釜)は使用すると確実に汚れる
  • 特にエコキュートは汚れが溜まりやすい
  • 配管が汚れていると最初のお湯から細菌が大量にいる
  • 入浴剤使用はダメではないが情報を入手して下さい
  • なるべく定期的に追い焚き配管(風呂釜)洗浄をして下さい

 

 

実際に何か症状が現れないと意識なんてしない、追い焚き配管(風呂釜)、なのですが、これを機会にぜひ一度意識していただいて、これからの洗浄タイミングの参考にしていただけますと幸いでございます。

 

 

ご質問やご相談はいつでも大歓迎ですので、気になった方はお気軽にご連絡くださいませ(^O^)

 

 

 

 

風呂釜洗浄専門
Thumb Always(サムオールウェイズ)

代表 村田譲